ふるさと納税に挑戦

去年までは良く分からず手を出していなかったですが、

今年も年末が近くなってきて、初めてふるさと納税をしてみました。

 

まずは「ふるさと納税」の制度の確認から!

簡単に書くと「2000円の負担で、好きな自治体に納税できて、返礼品ももらえる」制度です。

2000円の負担で納税できる金額はそれぞれの収入で違います。

年収500万円の独身で約6万円、年収800万円の独身で約13万円のようです。

詳しくはいろんなサイトで、シミュレーションや早見表があるのでそちらで確認してみてくだい。

 

納税額に対する返礼品の額の割合を30%として、10万円のふるさと納税をしたとすると

返礼品の総額は3万円相当、負担金額は2000円なので2.8万円分得することになります。

 

以前は、ふるさと納税すると確定申告をしないといけませんでしたが、今は納税先が5か所以下なら、確定申告の必要もなくなりました。(ワンストップ特例)

 

ふるさと納税」の手順

①サイトに登録

「ふるさとチョイス」や「さとふる」などのふるさと納税のサイトに登録します。

②納税限度額の確認

 これもサイト内でできます。

③申し込む

 納税先や、欲しい返礼品を選んで申し込む

④寄付金を支払う

⑤返礼品を受け取る

⑥税金の控除を受ける

 ワンストップ特例や確定申告によって寄付金分の税額控除を受ける

 

一度寄付金は払いますが、⑥で税金が返ってきます。

 

で・・・

早速、申し込んでみました。

私が選んだのはまず、米やバスタオルの今必要だったものです。

どちらも申し込んで1~2週間で届きました。

それから、返礼品の受け取り日や、送付先を選べる返礼品もあったので

牛肉や魚介類が、年末実家に届くように申し込みました。

 

まだ上限金額には余裕があるので、またほしいものを探したいと思います。

日用品やちょっと豪華な肉や魚介、農産物、地域の特産物等々いろいろあるので、

好みのものを探すのも楽しいです。

 

年末調整

年末調整の時期になり、会社から「給与所得者の保険料控除申請書」が送られてきました。

以前は、何も書かずに提出していましたが、

今年はいろいろ対策をしたので、保険料控除のメリットを受けられそうです。

 

①一般の生命保険控除

 これは生命保険の保険料を支払っていると受けられる控除です。

 年間8万円以上払っていれば、控除額は上限の4万円になります。

 

社会保険料控除

 今年は、学生時代に学生特例で支払い猶予を申請していた国民年金

 追納しました。この金額の全額が控除されます。

 

③小規模企業共済等掛金控除

 今年から始めたiDeCo(個人型確定拠出型年金)がこれに当たります。

 これも拠出金全額が控除になります。

 

介護医療保険料や個人年金保険料、地震保険の控除の適用を受けられる人もいると思いますが、

私は上記の3つが控除されます。

所得控除なので、上記の控除額の合計に税率を掛けた税金が返ってくることになります。

今年は国民年金の追納が大きくて結構税金が返ってきそうです。

 

サラリーマンには数少ない節税の機会ですので、忘れず申請しましょう。

仮想通貨の利益は雑所得!

JPモルガンCEOの発言から、下落が続いている仮想通貨です。

国内では、これまで税金の取り扱いが明確になっていませんでしたが、

今週になって「国税庁ビットコインなどの仮想通貨に関して、取引で生じる利益が「雑所得」にあたるとの見解をまとめた。」とニュースになりました。

 ネットで検索すると、これまでは「譲渡所得」で納税できていたケースが多いようだったので、「雑所得」になったのはショックでした。

「譲渡所得」では50万円までの所得控除があったのに「雑所得」にはありません。

50万以上の利益があって、税率30%とすると、15万円もの税金を多く払わないといけないことになってしまいました。

ただ、税金の取り扱いが明確になったことで、取引所も証券会社のように「取引の損益履歴」の証明書等、納税のための書類が発行するようになれば、確定申告もしやすくなるので、これからの取引所の対応を待ちたいと思います。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ソーシャルレンディング分配

ソーシャルレンディングへの投資を始めて約4ヶ月

4つの会社に投資をしています。

 

Trust Lending

  国内不動産・国内事業への投資

・Green Infra Lending

  再生可能エネルギー事業への投資

・Clowd Lease

  国内の中小・ベンチャー企業への投資

・GAIA FUNDING

  アメリカの不動産開発会社への投資

 

先週Trust Lendingからの分配があって全4社から分配金が出ました。

今のところ、分配の遅延や減額等もなく順調です。

投資案件は8.3~12%と高金利なので、

このまま順調に行くことを期待しています。

 

IRフェア

昨日は名証IRフェアに行ってきました。

約100社の名証上場企業と20社以上の証券会社のブースがありました。

講演会やセミナーもありましたが今回はブースだけ回りました。

名証主催なので東海地方の企業が多く、知らない企業も多々あり

東証にも上場している全国的な企業もそこそこありました。

各ブースでは、発表前の決算の状況や、

社員の生の声が聴けるので、今後の投資の参考にしようと思います。

 

それから、証券会社のブースもちょっと行ってみました。

最近CMでよく見かけて気になっていた、「投信の窓口」です。

ブースでは無料で、今持ってる投資信託も診断してくれ、

今後の投資の相談も少ししてきました。

店舗はまだ東京と大阪だけですが、web支店もあるし

口座を作らなくても相談に乗ってもらえるそうなので、

投資の参考に利用するのはいいかもしれません。

 

東京に戻ったら東証のIRフェアにも行ってみたいと思います。

2017年2、3月分の株主優待

今年に入ってから株への投資をしていますが、

決算の多いようやく配当や株主優待が届くようになりました。

今回は、2月3月決算分で得た株主優待を紹介したいと思います。

 

2月決算分

吉野家HD

 投資金額:16.6万円(100株)

 株主優待:優待券3000円分(吉野家はなまるうどん、すし三崎港等で使える優待券300円×10枚)

 備考:優待は2月と8月の2回で、配当も年2回10円/株なので、配当と株主優待を合わせた利回りは4.9%((3000×2+10×100×2)/166000)です。

      

3月決算分

ルネサンス

 投資金額:17万円(100株)

 株主優待株主優待券2枚(施設利用、入会金無料等)

 備考:優待は3月と9月の2回で、施設利用で優待を使えば3000円相当です。配当も年2回15円/株なので、配当と株主優待を合わせた利回りは5.3%((3000×2+15×100×2)/170000)です。

 

②日本M&Aセンター

 投資金額:38.2万円(100株)

 株主優待コシヒカリ5kg

 備考:優待は年1回で、2000円相当?です。配当も年2回17.5円/株なので、配当と株主優待を合わせた利回りは1.4%((2000+17.5×100×2)/382000)です。

 

優待を期待して投資してる訳ではないですが、上記の3銘柄だけで8000円相当の優待なので、株主優待も結構大きいですね。

 

iDeCo口座開設完了

楽天証券で口座開設の手続きをしていたiDeCoですが、口座開設が完了しました。

これまでのiDeCoに関する記事は下のリンクから確認してください

そこで、口座開設までをまとめたいと思います。

 

3月中   申込書の申し込み

4月中   申込書発送

6月中   口座開設完了

6月26日 最初の拠出金引き落とし(最初の月は4、5月の2ヶ月分)

毎月26日 拠出金の引き落とし

 

上記の通り、私の場合は申込書を取り寄せてから口座開設まで約3カ月でしたが、

申込書を取り寄せてからどこの金融機関にするか考えていたので、

最短だと2.5ヶ月くらいあれば口座開設までできると思います。