貸株で金利10%超

株の売買始めて半年ですが、

最近、貸株を試してみました。

「貸株」は保有している株式を証券会社に貸し出し、金利を得る事が出来る制度です。

イメージ的には価格変動があって金利ももらえるのでFXや外貨預金と似た感じだと思います。

 

証券会社によって金利は違いますが、楽天証券SBI証券では金利10%以上の株もあります。

私の今持っている株も多くは0.1%ですが、11%の株もあります。

楽天銀行の現状の貸株金利は ↓ のリンクから確認してください。

 

メリットは

株主優待や配当を期待して保有している株で、保有中に利子を得る事が出来ます。

 (証券口座の設定で、株主優待を得れるよう設定または、権利確定日に貸出を中止する必要あり)

金利を得ながら、売り時を待つ事ができます。しかも、貸株をしていても、いつでも株の売却ができるので、売却のタイミングを失う事もありません。

・貸株にかかわる費用は無用です。

金利は日割り(土日も含む)で得る事が出来ます。

 

注意点

・株を貸し出している証券会社が倒産した場合は、貸出した株を失います。

・貸株を行っていない証券会社もあります。

・証券会社により金利は異なります。

・貸株の金利は「雑所得」になり、総合課税になるので、場合によっては確定申告が必要になります。

金利は都度変更されます。

 

金利の高い銘柄は空売りしたい人が多い株だそうです。

つまり、下落リスクの高い銘柄になります。その点は注意が必要です。

それでも、金利10%なら100万円の株を持っていれば1ヶ月で8000円程度の金利が得られるので、

リスクとリターンをよく考慮して利用すべきだと思います。

広告を非表示にする